町場ブログ左官屋日和

連休前の石垣擁壁補修

新型コロナの騒動もじょじょに収まってきましたが、まだまだ予断は許されなさそうです。
今回のことで被害に合われた方々へのお悔やみと、お見舞いを申し上げます。もちろんまだまだ自分達もどうなるかわかりませんので万全の対策と、いつどうなっても大丈夫なように一日一日を大切に使わせていただく心づもりです。加えて気温も上昇してきましたので、熱中症への注意も必要になってきました。安全第一で従事させていただいております。

連休前に擁壁の仕事ももう一つやらせていただきました。イレギュラーで外構屋さんとのからみがあり、早急に進める場所もあってかスタートの撮影をとばしてしまいました。写真は、メッシュを貼り終えた段階と、躯体整形の上塗りまでが終わった段階のものです。
自粛期間中に都外への近くはない現場ということで、ご迷惑をかけることにらなったら申し訳なく思い、ドキドキしながら入らせていただいたのですが、外構屋さんとの相番だったことでそんな恐縮モードどころではなくなり、有難いことでした。
そればかりか、今回は片側1車線の道路沿いで歩道も決して広くなく、歩行される方には間違いなくお邪魔することになってしまう形だったのですが、皆さま本当に温かく接して下さいました。最終日には「キレイになったね。暇だったからずっと見てたんだよ(笑)そこんとこに住んでてさ」とのお声をいただいたりもいたしました。本当にありがとうございました。
今回の下地も、若干クラックも入っていましたので、メッシュを前面に伏せ込む擁壁補修は補強になりますし、何より真っ白に光り輝く壁面に生まれ変わることで発する空気がやはり違ってくるようです。ついついその先の大壁まで塗ってしまいたくなる誘惑にかられてしまいますがそういうわけにもいかず、敷地境界線から少し内側に余裕を持って仕切らせていただいております。 この後にお建てになられる新築の、その魅力を存分に引き出す土台になることと思います。
ご発注ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

連休前の補修施工1

連休前の補修施工2

連休前の補修施工3

連休前の補修施工4

連休前の補修施工5

2020年05月13日 擁壁石垣の補修