町場ブログ左官屋日和

事前の予防について

どんな建物でも人が住まなくなった時からどんどん廃屋へと進むのがあっという間です。壁にも同じことが言えます。大谷石の壁や石垣や擁壁、ブロック塀などが朽ちてしまって危険な状態を目にする機会が一度もないという方はおそらくいらっしゃらないと思います。

近年では崩壊して歩行者の方が不幸な事故に巻き込まれてしまう話まで耳にしてしまいます。
行政も動き、そうした壁や擁壁の補強工事への補助金を出してくださる自治体も増えてきました。危機管理への貴重な一歩です。ただ、そうした工事というのはかなり大掛かりなもので、相当重症な状態を大規模工事で補うようなケースがほとんどで、現場打コンクリート工、ロックボルト工、グラウンドアンカー工 といった内容になり、補助の対象もそうしたものに限られることが多いようです。

そこで弊社がお勧めする工事は、そうした大変な事態になる前に留めておくことを目指しています。
虫歯を例に考えるとわかりやすいかもしれません。早めの検診で発見して直しておけば治療期間も短く、費用も安く済みますが、放置しておいて激痛が走るようになってからではまったく逆でかなり高くついてしまうことになります。
虫歯に限らず、早めの対策が功を奏するという話は珍しくないように思います。

擁壁の工事もまったく同じだと思うのです。現場打コンクリート工、ロックボルト工、グラウンドアンカー工 の費用に補助していただけるとはいえそれは全額ではなく、半額だったりすることも多いようですので、軽めで済む工事であれば補助がされなくとも総額では断然少なくて済む場合も多くなるのです。
綺麗な大谷石やブロック塀はもちろん当分の間は安心かもしれませんが、早め早めの対策をしておけばなお安心です。

かなり朽ちてしまった擁壁で、大掛かりな工事をしようにもできないケースの補修を繰り返し施工させていただいている中で、以上のようなことを強く思うようになりました。
現場打コンクリート工、ロックボルト工、グラウンドアンカー工 の費用の単価は数万円で弊社の補修工事とは桁が違います。もちろん強度も違いますが、それほど朽ちていない状態の壁や小規模な工事、予防の意味合いで行う工事となればオーバースペックということにもなります。
建設現場ではKY活動というものを毎日行なっています。「危険予知(KikenYochi)」の頭文字で、その日その日の考え得る危険を洗い出し、皆で予防しようという活動です。安全が第一だからです。決して「空気を読む」活動ではありません。

日頃からそうした安全安心を心がけていると、皆様のお宅の壁の安全安心の予防のための施工を一件でも多く承れると、それだけ社会のお役に立てることにもなり、それは何にもかえがたい僥倖とすら思えてきたりします。 少々おおげさかもしれませんが、本当の気持ちです。ぜひお気軽にお問い合わせください。

劣化しているブロック塀1
↑ だいぶ劣化しています。各パーツごとにずれが出来ていて、段差もきつくなってきています。この後も徐々に広がっていくことは間違いありません。
劣化しているブロック塀2
↑これくらいのうちから補強しておくことに越したことはありません。2世代先、3世代先、どれくらい先かはわかりませんが、上の写真のようになる可能性は間違いなくあります。
2021年03月13日 擁壁石垣の補修

大谷石擁壁補修の施工画像

大谷石の擁壁補修です。ビフォー、アフターとその中間をお届けします。

大谷石擁壁補修の施工前画像1

大谷石擁壁補修の施工前画像2

大谷石擁壁補修の施工前画像3

↑施工前です。

大谷石擁壁補修の施工中画像5

大谷石擁壁補修の施工中画像6

↑途中段階です。メッシュを伏せこみ、上塗りまで終わった段階です。工程の都合上、特殊ではありますが下側届くところまでを先に終わらせてから足場が組まれています。

大谷石擁壁補修の施工後画像6

大谷石擁壁補修の施工後画像7

大谷石擁壁補修の施工後画像8

↑仕上がりです。

2020年07月29日 擁壁石垣の補修

左官ならではの曲面

ブロックやゴツゴツとした石垣の朽ちた擁壁をきれいにし、補強も兼ねた一石二鳥の左官工事です。境界線の両隣に下地がそのま残っていますのでbefore afterもわかりやすいケースです。
石垣の部分は大きく朽ちており、ゆるやかなカーブや3次曲面で処理する必要がありました。
型枠を組もうにも3次曲面の枠はとても手間だと思います。かといって直面にしようとすると前面道路に大きく出さなければならなくなるなど支障も多そうです。
そう考えると、左官補修ならではの小回りの効くフットワークならではと言えるかもしれません。

左官ならではの曲面1

左官ならではの曲面2

左官ならではの曲面3

左官ならではの曲面4

左官ならではの曲面5

2020年07月02日 擁壁石垣の補修

連休前の石垣擁壁補修

新型コロナの騒動もじょじょに収まってきましたが、まだまだ予断は許されなさそうです。
今回のことで被害に合われた方々へのお悔やみと、お見舞いを申し上げます。もちろんまだまだ自分達もどうなるかわかりませんので万全の対策と、いつどうなっても大丈夫なように一日一日を大切に使わせていただく心づもりです。加えて気温も上昇してきましたので、熱中症への注意も必要になってきました。安全第一で従事させていただいております。

連休前に擁壁の仕事ももう一つやらせていただきました。イレギュラーで外構屋さんとのからみがあり、早急に進める場所もあってかスタートの撮影をとばしてしまいました。写真は、メッシュを貼り終えた段階と、躯体整形の上塗りまでが終わった段階のものです。
自粛期間中に都外への近くはない現場ということで、ご迷惑をかけることにらなったら申し訳なく思い、ドキドキしながら入らせていただいたのですが、外構屋さんとの相番だったことでそんな恐縮モードどころではなくなり、有難いことでした。
そればかりか、今回は片側1車線の道路沿いで歩道も決して広くなく、歩行される方には間違いなくお邪魔することになってしまう形だったのですが、皆さま本当に温かく接して下さいました。最終日には「キレイになったね。暇だったからずっと見てたんだよ(笑)そこんとこに住んでてさ」とのお声をいただいたりもいたしました。本当にありがとうございました。
今回の下地も、若干クラックも入っていましたので、メッシュを前面に伏せ込む擁壁補修は補強になりますし、何より真っ白に光り輝く壁面に生まれ変わることで発する空気がやはり違ってくるようです。ついついその先の大壁まで塗ってしまいたくなる誘惑にかられてしまいますがそういうわけにもいかず、敷地境界線から少し内側に余裕を持って仕切らせていただいております。 この後にお建てになられる新築の、その魅力を存分に引き出す土台になることと思います。
ご発注ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

連休前の補修施工1

連休前の補修施工2

連休前の補修施工3

連休前の補修施工4

連休前の補修施工5

2020年05月13日 擁壁石垣の補修

擁壁補修のおすすめ

コロナウィルスによる大変な時期が続いています。不幸にも命を落とすことになってしまった方々のご冥福をお祈りいたします。

自粛要請される業界などもある中ですので、業務を遂行することにも日々葛藤があります。
弊社においては、個々人においても、出来ることを出来る限り行うことで少しでも経済を動かすことも社会的責任であり、果たすべき使命だと考えます。マスクの装着や、毎日の検温、日々の対策はもちろんぬかりなく、行き交う情報にアンテナを張り、常に吟味し、体調が疑わしいときには必ず自宅待機するなど徹底しています。

今後どういった事態になるのかはわかりませんが、こうした状況だからこそ考えられることや準備はもちろん、実際に出来ることもあります。

その一つとして、弊社では古いブロック塀や石垣の擁壁補修をおすすめしています。
せっかくの新築物件も、擁壁が鬱蒼としているとその質が半減して見えてしまいます。本来の価値をお客さまにお伝えするためにもご利用いただければきっとお役に立てると確信しております。
段違いに変わるのは見栄えですが、それだけの問題ではなく、表面の補強にもなり安心感も増します。また、より安全性を重視するために地盤から強化する方法もご紹介しております。

今回のコロナの騒動をはじめ、老朽化した擁壁やブロック塀で気の毒な事故に多くあうのも子どもたちです。この業務において少しでも安心感も増やせればと考えております。
ぜひともご覧いただければ幸いです。

【関連情報】
擁壁石垣ブロック塀の補修
・ブログ「大谷石とブロック塀の擁壁補修」

2020年04月09日 擁壁石垣の補修