KSブログ

漆喰の名工

あと数日で平成から令和へ、新しい時代が始まりますね。

職人の創意工夫により縄文時代から発展してきた左官の歴史は、令和になってもその先も、進化しながら続いていきます。

その長い歴史の中で『漆喰の名工』と言われていた人物をご存知ですか?
以前にも少し取り上げたことがあるのですが、漆喰鏝絵を築き上げた左官職人の入江長八さんです。

幕末から明治にかけて東京でつくられた名作はほとんどが関東大震災で失われてしまったそうですが、長八の故郷である静岡県松崎町「長八美術館」には作品が展示されています。
この美術館、建物自体のデザインが非常に特徴的でその建設にはたくさんの左官職人さんが応援に駆け付けたとか。

東京からですとお気軽にどうぞとはいかない場所ですが、お近く行かれる機会があったら選択肢に加えてみてはいかがですか。

松崎町振興公社「伊豆の長八美術館」

2019年04月26日 コラム